ちょっと詳しく|日野市石田で動物病院をお探しの方はあおい動物病院まで

日野市石田・あおい動物病院

042-585-6300

休診日:木曜日・日曜日午後・祝日

ちょっと詳しく

血液検査のすすめ

初めて家に迎えた時に、あんなに幼かった子犬や子猫たち・・・。ミルクからふやかしたフード、そしてウエットフードやドライフードをたべられるようになり、今では自分からごはんやおやつを催促し、それどころかごはんのえり好みまでするようになりました。成犬、成猫になってから迎え入れた動物たちも、はじめはおそるおそる行動していたものの、今では生まれた時からここにいるような顔をしています。あっという間に大人になって、かわいいおじいちゃん、おばあちゃんになってきている動物たちもいることでしょう。動物たちがもたらしてくれる幸福感は計り知れないものがあります。共に暮らす幸せな日々はずっとずっと続いてほしいものです。

しかし、家族に幸せを届けてくれる動物(犬・猫)たちですが、人間の約5倍のスピードで年をとっていきます。気がつくと白髪も増え、歯も弱り、白内障や耳が遠くなったり・・・。若い頃のように活発に動きまわって遊ぶことも減って、眠っている時間が増えてきたりします。「年のせいかな」と思うこともあるでしょうが、内臓や心臓の病気、関節の病気が隠れていることもあります。自然な老化としてうけとめなくてはならないものもありますが、気づいてケアしてあげることでより快適な時間を長く過ごすことができることもあります。なかには生まれつき持っている病気がある動物や中年期より前に病気を発症しているケースもあります。(品種により生まれ持った体質、なりやすい病気なども数多く知られています。)目に見える症状が出る頃には病気が進行していることがほとんどです。

人間にも40歳過ぎたら人間ドックの案内があるように、大切な動物たちも健康に見える時に「健康チェック」「早めのケア」としての血液検査をおすすめします。また、持病のためお薬を飲んでいる動物たちも、肝機能・腎機能などの定期的な血液検査をおすすめします。

血液検査で全ての病気を把握することはできませんが、家族みんなで動物たちの健康を考える良い機会になってくれればと思います。動物の健康状態や検査結果、または飼主さんの希望によりその他の検査(尿検査、レントゲン検査、超音波検査など)も実施できます。まずはご相談ください。

※より正確な血液検査のデータを得るために、食餌を与えずに(12時間絶食)ご来院ください。

血液一般検査(CBC:complete blood count 完全血球計算)

血液は体重のうち数%を占め、血液の約半分が血しょうであり残りが血球成分です。血球成分は赤血球、白血球、血小板に分けられますが、それらの比率も正常時ではほぼ一定に保たれています。(動物種によって構成比率は異なっています。)血液一般検査はそれらの血液構成要素の詳細を調べることによって血液学的な面から動物の健康状態を調べるものです。

血液を高速で遠心にかけると重い血球成分は下に、軽い水分は上にと比重によってわけることができます。これらのうち、水分にあたるものは血清もしくは血しょうとよばれます。(血液が固まらないような薬剤を混ぜてから取り出した水分を血しょう、血液が固まった時に分離される水分を血清といいます。)

これらの中にはタンパクやホルモン、アミノ酸、糖、ミネラルなどを含み、動物が生きていくために必要な様々な成分が溶けこんでいます。血しょう中に血球成分が混ざって体中を循環することで動物の生命活動は成り立っています。

全ての血球成分は骨髄で造られています。骨髄には、全ての血球細胞に分化する能力を持った「多機能性幹細胞」があり、それが将来赤血球、白血球、血小板になる「骨髄系幹細胞」と将来リンパ球(Bリンパ球、Tリンパ球)になる「リンパ球系幹細胞」に分化し、全ての血球を造り出します。各血球にはそれぞれ分担された役割があります。

 

赤血球

赤血球はヘモグロビンという血色素を持ち、ヘモグロビンが酸素とくっつきあうことによって体中に酸素を運びます。ヘモグロビンは酸素の多いところ(肺)でくっつき、酸素の少ないところ(全身、末梢、各組織など)で離れるという性質があり、全身に効率よく酸素を運搬することができます。

 

白血球

白血球は特殊な染色液への反応性(染まり方)により、顆粒球(好中球、好酸球、好塩基球)リンパ球(Bリンパ球、Tリンパ球)に分かれます。白血球は免疫や生体防御に重要な働きを担っています。

 

好中球

好中球は成熟した分葉好中球と未熟な桿状好中球に分けられます。好中球は炎症や感染などのとき血液中に増加し、細菌や異物を取り込んで殺菌することにより処理します。殺菌する成分には発熱を促す成分も含んでいるため動物に発熱がみられることがありますが、それは好中球が活発に働いている証拠にもなります。つまり、好中球は体に侵入してきた細菌を敵とみなして最前線で戦う兵士のような細胞なのです。

好中球は全体の半分くらいが血中をパトロールするように流れ、残りは予備として血管壁に待機しているのですが、その予備も使いはたすような緊急事態には未熟な桿状好中球までもが放出されます。(桿状好中球の放出は、第二次世界大戦末期に若者が0戦にのって特攻隊として突撃していったようなピンチも極まったような状態にあると考えていいと思います。)血中に桿状好中球がたくさん出現してくるということは、つまり動物にとって大変な緊急事態であることを示します。好中球は炎症があるとそこに集まってきて戦うという性質ありますが、好中球の死骸は膿の一部となって排泄されたり、マクロファージに食べられたりして一生を終えます。好中球数はその他にもストレスや興奮、ステロイド剤の使用などでも増加します。また、好中球の必要性が高まり、使いはたしてしまった時(敗血症やその他の重度な感染症など)や、骨髄での産生能力の低下や正常に成熟できない時に減少します。

 

好酸球

好酸球は寄生虫疾患やアレルギーと関連の深い白血球です。アレルギー性の皮膚炎や呼吸器疾患、寄生虫感染のときに増加します。好酸球の細胞質内に含まれる顆粒成分がはじけ出すことによって寄生虫を取り囲んで殺したり、顆粒成分によって炎症を制御したりするなど免疫および炎症反応を調節しています。

猫では好酸球が皮膚、胃腸その他に集積して皮膚炎や消化器症状などを示す病気が時々見られます。原因は不明とされていますが、ステロイド剤の投与で一時的に好酸球を減少させて症状を緩和することができますが完治するものではないので悩ましい病気の一つです。犬でも消化器症状をくり返す時に好酸球の増加がみられることがあります。

肥満細胞腫などの悪性腫瘍の時、肥満細胞が好酸球を呼びよせる物質を出すので血液中に好酸球が増えることがあります。

好酸球の減少は、ストレス、ステロイド剤の投与、副腎皮質機能亢進症、急性炎症や感染でもみとめられます。

 

好塩基球

好塩基球は細胞内にヒスタミンやヘパリンなどを含んだ顆粒を持つ白血球です。末梢血中にはほとんどみられることはありません。組織に出ると肥満細胞になるのではないかという説もありますが好塩基球と肥満細胞は全く別のものであるという説もありいまだに明らかにされていません。

肥満細胞は組織中で分化・増殖することが知られています。肥満細胞はアレルギーに関与し、ヒスタミンなどを含んだ顆粒を大量に持っています。ヒトの花粉症などの時によく耳にする細胞かもしれません。肥満細胞に抗体がくっつき、抗原(花粉症の場合、花粉など)が2つ以上の抗体にまたがって捕まえられると(架橋)抗原抗体反応により細胞内に含まれるヒスタミンなどが放出され即時型アレルギーが起こります。花粉症では目や鼻がムズムズし、くしゃみや涙や鼻水が出てきます。ヒスタミンは細胞間を開いて免疫細胞を呼び寄せやすいような環境を作りますが過剰な反応は困った症状を引き起こしてしまいます。犬にも花粉症(花粉によるアレルギー反応)がありますが、主にみられる症状は結膜炎、体のかゆみです。

 

単球

単球は血中を流れて組織に移動し、マクロファージへと分化します。マクロファージは微生物・異物などを取り込んで処理します(貪食作用)。膿の中にも働きを終えた多数のマクロファージが含まれています。

 

リンパ球

リンパ球は他の血球と同様におおもとは骨髄の「多機能性幹細胞」から造られますが、その他の血球よりも早く系統が分かれ「リンパ球系幹細胞」に分化し、主にBリンパ球とTリンパ球に分化していきます。その他にもNK細胞(ナチュラルキラー細胞)なども造られます。

Tリンパ球は骨髄から胸腺(thymus)に入って分化生産されます。Tリンパ球は抗体産生の調節と細胞性免疫(抗体が関与せずにリンパ球やマクロファージなどが直接標的物に作用する免疫)の主役となるリンパ球です。細胞性免疫は遅延型アレルギー(食物アレルギーの一種やワクチンの反応など)に関与しています。ヒトで実施されるツベルクリン反応もこの細胞性免疫反応を利用して発赤や硬結の大きさを調べて結核菌感染の有無を調べています。移殖片の拒絶反応、腫瘍、ウイルス、寄生虫、原虫に対する免疫、一部の自己免疫などがTリンパ球による細胞性免疫です。

一方、Bリンパ球はTリンパ球より長く骨髄(bone marrow)にとどまり、その後脾臓やリンパ節などのリンパ組織に放出され、抗体を産生する細胞(形質細胞)へと分化するリンパ球です。Bリンパ球は体がすでに認識している異物(抗原)に対して抗体を産生して、免疫グロブリンの働きにより抗原を攻撃し(抗原抗体反応)感染防御に働く体液性免疫の主役となるリンパ球です。体液性免疫は即時型アレルギーに関与しています。

顕微鏡による検査では、Tリンパ球とBリンパ球を形態で区別することはできないのでまとめてリンパ球として数えます。

 

血小板

血小板は骨髄の「多機能性幹細胞」から分化する骨髄巨核球の細胞質がちぎれて作られています。血小板は止血に重要な役割を持っています。血液中を流れる血小板は傷ついた血管に粘着して傷をふさぎ、顆粒を放出して他の血小板を呼びよせてかたまり(血餅)を作り出血をくいとめます。(止血は血小板の他にも複雑なメカニズムが関係して成り立っています。)血小板は止血以外にも細菌、ウイルスなどの微粒子を取り込んで貪食作用を行ったり、血管の収縮/拡張にも関与したりしています。

血小板は炎症や貧血、悪性腫瘍、重度の怪我や骨折、脾臓のトラブル(摘出術後、機能不全、機能低下)などの時や骨髄巨核球の腫瘍性増殖のとき増加します。

血小板の減少は産生の低下、破壊や利用の亢進、体外への過度の損失、敗血症、自己免疫疾患(免疫介在性の血小板崩壊)、ウイルス感染などのときにみられます。ワクチン接種も一過性の血小板減少がみられることがあります。犬ではリンパ腫、腹膜炎、貧血、DIC(播種性血管内凝固)、慢性肝炎、脾腫、ある種の薬剤やホルモン、骨髄性白血病、その他の腫瘍、アジソン病などでも血小板減少が認められます。血小板が減少すると内出血がおき、紫斑がみられたりします。

血液中の血球成分の構成は本来その動物種ごとに決まった割合に調整されています。それらの数を数えることにより感染、脱水、貧血、腫瘍(白血病など)その他の情報を得ることができます。

当院では赤血球1μl(1マイクロリットル:1mlの1/1000)中の赤血球、白血球、血小板の数と血液中の赤血球の割合(PCV)、ヘモグロビン濃度(赤血球の希釈液を溶血させてその中に含まれるヘモグロビンの濃度を測定。PCVの約1/3の数値となります。貧血の検査で重要な項目です。)MCH(平均赤血球容積)、MCHC(平均赤血球ヘモグロビン濃度)、MCH(平均赤血球ヘモグロビン量)は自動血球計算機で測定しています。

白血球分画(白血球の種類ごとの内訳)と網状赤血球(若い赤血球)の検査は、血液を検査用のガラスに一層にひきのばし、特殊な染色液で染色し顕微鏡を使って検査をしています。白血球分画は顕微鏡で白血球100個あたりの各血球の割合を数えることによって出し、血球計算機で測定した白血球数とかけあわせることによって血液1μl中の実数を算出します。

貧血の評価はMCV、MCHC、MCHを照らし合わせることにより4つのタイプに分類します。

  • 大球性低色素性貧血(MCV高値、MCHC低値:再生性貧血)出血、溶血が主な原因。骨髄の赤血球産生機能は正常
  • 正球性正色素性貧血(MCV、MCHCとも正常:非再生性貧血)慢性疾患や腎疾患、骨髄での生産能力低下
  • 大球性正色素性貧血(MCV高値、MCHC正常:非再生性貧血)骨髄の赤血球が腫瘍性大型化、猫白血病ウイルス陽性猫など
  • 小球性貧血(MCV低値、MCHC正常または低値:非再生性貧血)ヘモグロビンの合成に問題あり。鉄欠乏性貧血、慢性出血、吸血昆虫の慢性感染など

 

これらの検査により炎症、感染症、貧血、白血病などの有無(赤血球を含め、全ての血液細胞は腫瘍性の増殖で白血病をおこします。)、程度を調べ、あわせて実施する血液生化学検査と動物の触診、視診、聴診、飼主さんからの問診、病歴、薬歴などを総合して診断することになります。病気によってはその他の検査も必要になることがあります。

血液生化学検査(各検査項目について)

BUN(blood urea nitrogen:血中尿素窒素、血中尿素量)

食餌から摂取したタンパク質は、タンパク質が腸内でアミノ酸へ、アミノ酸が腸内細菌によってアンモニアへ、アンモニアが肝臓で代謝を受けて尿素へと体内で変換され、腎臓の尿細管を通って尿から排泄されます。

BUNの濃度は体のトラブルを起こしている場所により、腎前性(心機能障害、脱水、ショック、副腎皮質機能低下症など)、腎性(腎機能の様々な障害)、腎後性(尿道閉塞、膀胱破裂、尿道破裂など)によって上昇します。

食餌性のタンパク質摂取の減少、慢性の肝疾患、著しい利尿の病気(尿崩症、副腎皮質機能亢進症)などでは低下がみられます。

 

CRE(creatinin:クレアチニン)

クレアチニンは大部分が筋肉内のクレアチンからの代謝産物で、一定のペースで産生され、一定のペースで排泄されます。クレアチニンは腎糸球体でろ過された後再吸収されることなく排泄されるので、糸球体のろ過能力の低下で上昇します。BUNよりも食餌の影響を受けにくく、腎機能を比較的正確に反映しています。筋肉量が低下しているときに低下がみられることがあります。

 

IP(phosphorus:リン)

リンの濃度はホルモン(副甲状腺ホルモン)の作用により腎臓から排泄されることで調整されています。

犬猫の最も一般的な高リン血症の原因は腎不全です。他にも食餌や溶血(赤血球には多量のリンが含まれています)、上皮小体機能低下症、栄養性二次性上皮小体機能亢進症、ビタミンD過剰症、猫甲状腺機能亢進症などでも上昇します。

一方、アルカローシス、上皮小体機能亢進症、悪性腫瘍の高カルシウム血症、ケトアシドーシスを伴った糖尿病の初期などでも低下します。

また、リンは体の中でカルシウムとの比がCa:P=1:1~2になるように調整されています。偏った食餌(ドッグフードの他に肉類を添加したものなど)はこのバランスが崩れ弊害をおこすことがあります(詳しくはCaのところで述べます)。

 

ALT(alanine aminotransferase:アラニンアミノ転移酵素

➜かつてはSGPT 血清グルタミン酸ピルビン酸転移酵素)

ALTは肝細胞の細胞質内に多く含まれている酵素で、肝細胞の障害や破壊がおこると肝細胞膜からもれだして血液中に放出されます。つまりALT値の上昇は肝細胞の障害を示していますが、数値が肝機能の程度を示すものではありません。

副腎皮質ホルモンや一部の細胞毒性のある薬物の投与によっても影響を受け、数値の上昇がみられます。著しい溶血や脂肪血でも偽上昇を認めます。また、ALTは一部筋肉組織内にも存在するので激しい運動時にも上昇します。正常の3倍以上の上昇は2~5日以内の肝障害を示していますが、ALT値のみで肝疾患と断定することにはなりません。

 

AST(asparate aminotransferase:アスパラギン酸転移酵素

➜かつてはSGOT 血清グルタミン酸オキサロ酢酸アミノ転移酵素)

ASTは犬猫では肝細胞と筋肉(横紋筋)に多く存在し、一部赤血球に分布しています(ヒトでは赤血球中にもSGPT、SGOTが多く含まれています)。

細胞のミトコンドリアに多量(約50%)局在し、細胞質には少量しか含まれていないので軽度な肝障害ではALT値だけが上昇しますが、重度な障害をうけるとAST値も上昇してきます。AST値の上昇だけでは肝障害か筋肉損傷によるものなのかは決めることはできません(後述するCKを測定することによって肝障害か筋肉の損傷なのかを見極めることができます)。

また、ALT同様副腎皮質ホルモンや一部の細胞毒性のある薬物の投与にも影響を受けて上昇し、溶血や脂肪血で偽上昇を認めます。

 

ALP、SAP(alkaline phosphatase:血清アルカリフォスファターゼ)

ALPは肝疾患(胆管閉塞、胆汁うっ滞)や副腎皮質機能亢進症のときなどに検査をする項目の1つです。犬猫ではALPの酵素は主に肝臓、骨、小腸に分布しています。犬の場合は正常の2~3倍以上の上昇が認められると臨床的に「異常」と診断しますが(ALP値のみが軽度上昇し、その他の項目が正常範囲内で臨床症状もない場合は経過観察とします)、猫の場合はわずかな上昇でも「異常」と診断されます。

犬の場合ALP値は肝臓、ステロイドホルモン、骨、小腸など起因するものによって数値が大きく異なります。

肝臓に起因するALP値の上昇は肝内性または肝外性(膵炎、膵臓腫瘍、三臓器炎、胆石)の胆汁うっ滞性疾患によるものが多いです。ALPは肝細胞中には少なく微細胆管上皮に多く存在するので胆管閉塞により胆汁が逆流すると胆管上皮にダメージを与えてALP値が上昇し、同時にALTやASTも高値となります。肝細胞の炎症、壊死、膿瘍の時はALTやASTは高値でもALP値は数倍程度です。この場合は病気が進行してくるとALP値も上昇してきます。

ステロイドホルモンに起因するALP値の上昇は、投薬によるものも自分自身の体内のホルモンによるもののいずれも影響を与えます(ステロイドホルモン剤の長期投与や副腎皮質機能亢進症のときはALP値が20~30倍になることもあります)。その他一部の薬剤もALP値の上昇をおこすことが知られています。

骨に起因するものとしては成長期の若い犬でALP値の上昇がみられることがあります(小型犬で上限または少し上昇、大型犬で2~2.5倍)が、成犬の正常値の2.5倍以上になることはまずありません。骨疾患による上昇も2倍程度までです。

小腸の疾患に起因するALP値の上昇はパルボウイルス感染症、急性胃腸炎、膵炎や他の小腸の炎症などと胆汁うっ滞があれば正常値の4倍くらいの上昇を示します。

猫のALP値の上昇を認めるものは、全ての肝疾患、肝リピドーシス、胆管炎、胆管肝炎、三臓器炎、甲状腺機能亢進症、糖尿病まれに骨疾患などです。

 

GGT、γGPT(γ-glutamyltransferase:γグルタミルトランスフェラーゼ)

γGTPは細胞質内および膜結合性の酵素で多くの組織に存在しますが、腎臓および胆管上皮の一部に高濃度に存在し、骨には認められません。

ALPと同じように肝胆道系疾患(胆汁うっ滞)のときに上昇しますが骨には存在しないので骨疾患との鑑別にも用いられます。

猫では胆汁うっ滞の診断時にALPよりも有用です。

犬ではステロイドホルモンによってγGTPの値が上昇します。抗けいれん薬は数値に影響を与えません(ALPの値は上昇します)。脂肪血では数値が高く出ることがあります。

ちなみに、ヒトがお酒を飲むと肝細胞にダメージを与え、γGTP、ALT、ASTなどの酵素が漏れ出してくるため数値が上がります。つまり、どの程度肝細胞が壊れてしまったのかという指標となっています。

 

TBIL(total bilirubin:総ビリルビン)

ビリルビンは古くなったりダメージを受けたりした赤血球が、脾臓などで破壊されることによってつくられた胆汁中に含まれる黄褐色の色素です。

ビリルビンには脂溶性の間接ビリルビン、水溶性の直接ビリルビンの2種類がありますが、犬猫ではこれらの区分はあまり意義がないので総ビリルビンとして測定します(赤血球が壊されることによってできた間接ビリルビンは比較的毒性が強いのですが、肝臓で変化をうけることにより直接ビリルビンに変換され速やかに排泄されます)。

TBILは肝疾患や黄疸(身体検査で粘膜や皮膚が黄色化していたり、採血後の血清、血しょうが黄色化したりしているとき)に測定します。

TBILが高い値を示すのは「肝疾患」と「溶血性疾患」の2つが原因となります。「溶血性疾患」は病気、自己免疫疾患、薬物などで赤血球が大量に壊れてしまうときにおこります。黄疸は病態によって肝前性黄疸(溶血性貧血や腸内出血等、体内での出血などによるビリルビン産生の増加)、肝性黄疸(肝疾患によるビリルビンの取り込み不全など)、肝後性黄疸(胆管系の閉塞、破裂、胆汁うっ滞)などの3つに分類されます。

 

NH3(ammonia:アンモニア)

食餌から取り込んだタンパク質は、消化管でアミノ酸に、さらにアミノ酸は腸内細菌によって毒性の強いアンモニアに分解されます。その後肝臓に運ばれて毒性のない尿素に変換され、腎臓から尿を通じて排泄されます。

アンモニアの値が上がると、その中枢神経毒性により「肝性脳症」とよばれる症状がみられます。

門脈シャント、肝硬変、重度の慢性肝疾患などで血中アンモニアの上昇がみられます。

 

TP(total protein:総タンパク)

血清タンパクの大部分は肝臓で合成されています。TPとは血清アルブミンと血清グロブリンを合計したタンパクの総和のことです。

TPは血液の粘稠度や脱水の目安となります。また重度脱水、炎症、リンパ腫、骨髄腫、感染症などの時増加し、タンパクの喪失(腎臓・消化器からの喪失、創傷からの出血、火傷、膿瘍、手術後、筋肉壊死など)と、タンパク産生の低下(激しい肝疾患、食欲不振による飢餓、吸収不良など)と免疫疾患(グロブリン産生が低下するとき)などで低下します。

 

ALB(albumin:アルブミン)

アルブミンは肝細胞でのみ産生され、血清タンパクの半分以上を占めています。慢性肝疾患ではアルブミンの合成が低下します。

アルブミンは浸透圧を維持したり、脂肪、薬物、ホルモン、カルシウムなどと結合して体内で運搬するトラックのような役目を持ったりしています。

アルブミンは脱水の時高値を示し、飢餓、寄生虫感染、慢性吸収不良性疾患、タンパク漏出性腸炎、慢性肝疾患、糸球体腎炎などのとき低値を示します。

 

GLB(globulin:グロブリン)

グロブリンはTPからALBをさしひいて求められる免疫に関連したタンパクであり、慢性炎症時に上昇します。グロブリンはアルブミンと異なり複数種類のものがあります。

高グロブリン血症には、1種類の抗体産生細胞が免疫グロブリンをたくさん産生したためにおこるもの(犬の多発性骨髄腫、リンパ腫など)と、抗体産生細胞と一緒に、肝臓で作られる「フィブリノーゲン」という急性相反応性タンパクも同時に増加する慢性炎症、肝疾患、または化膿性炎症などがあります。

低グロブリン血症の主な原因は出血やタンパク漏出性腸炎です。

 

GLU(glucose:グルコース、血糖値)

グルコースは哺乳類にとって大切なエネルギー供給源であり、食餌から取り入れたり肝臓で作られたりします。血中濃度はいろいろなホルモンによって調整されています。

GLUが上昇する原因としては、ストレス(犬では250mg/㎗、猫では200~350mg/㎗まで上昇)、治療のためのブドウ糖投与、一部の薬物、糖尿病などがあります。

糖尿病では、多飲多尿、体重減少、白内障などが、糖尿病性ケトアシドーシスでは嘔吐、下痢、食欲不振などが現れます。

GLUが低下する原因としては、小型犬(特に幼犬の低血糖:肝臓でのグリコーゲン貯蔵能力が低いためおこりやすい)、敗血症、菌血症、肝機能障害、一部の内分泌疾患、ある種の腫瘍、一部の薬物などがあります。低血糖時にはけいれん発作、虚弱、虚脱、方向感覚の喪失、沈うつ、視力喪失、昏睡などがみられます。

溶血、黄疸、脂肪血のとき測定誤差が出ることがあります。

 

AMYL(amylase:アミラーゼ)

犬猫ではアミラーゼは主に膵臓で作られる酵素で、炭水化物を分解します(一部腸や肝臓でも作られています)。アミラーゼは膵臓から直接血中に入り、その後腎糸球体でろ過され尿細管上皮から再吸収されます。アミラーゼは嘔吐、腹痛、肥満、黄疸、腹水、膵炎の既往症があるようなときに測定します。

2(~3)倍以下の上昇は、上部消化管の炎症、腎臓の排泄能力の低下を示し、2(~3)倍以上の上昇は膵臓の炎症・壊死(膵炎)、膵管の閉塞を疑います(必要に応じてレントゲン、超音波検査も実施します)。小腸疾患、小腸破裂、肝疾患によっても軽度上昇します。

その他の検査で腎機能障害が除外されたとき膵炎を疑うことになります。リパーゼとセットで測定します。

アミラーゼの測定値は脂肪血で偽低値、溶血により偽高値を示します。

 

LIP(lipase:リパーゼ)

リパーゼは主に膵臓で作られる酵素で、トリグリセライド(中性脂肪)を分解します。リパーゼは腎臓で不活化されます(一部膵臓以外の他の臓器でも作られています)。

軽度の上昇は、上部消化器障害、腎不全による排泄減少、一部の薬物の影響などでみられます。正常の2~7倍の上昇は急性膵壊死、膵炎(48時間以内に上昇)でみられます。

リパーゼはアミラーゼとセットで検査をしますが、アミラーゼよりも長時間高値を維持する傾向がみられます。溶血、脂肪血では測定値が偽上昇します。

アミラーゼ、リパーゼとも膵臓だけに限局する酵素ではないため、これらの酵素の上昇がすぐに膵炎を示すわけではないので、その他の検査と総合して診断します。

 

TLI(トリプシン様免疫反応物質)

膵臓からは微量のトリプシンが放出され、血中のトリプシン様免疫活性物質を測定することで膵外分泌不全を診断することができます。膵外分泌不全と吸収不良症候群(小腸の疾患の1つ)は、臨床症状では区別できないのでTLIの測定は重要なものになります。また、TLIは、急性膵炎の診断に用いられます。

TLI濃度は発症3日後には急速に低下するので発症早期に空腹時に採血して測定します。

 

フルクトサミン

フルクトサミンはグルコースとアミノ酸が反応することによって作られる糖化血清タンパクです。フルクトサミンは食餌、日内変動に影響されないので糖尿病のモニタリングに最適だといわれています。フルクトサミンが増加しているということは、持続的な高血糖が2~3週間前から続いているということを示しています(外注検査となります)。

 

Ca(calcium:カルシウム)

体内でのカルシウムの役割は大きく分けて2つあります。1つは骨や歯の構成成分であること、もう1つは酵素反応、血液凝固、神経や筋伝達、筋収縮、細胞膜の透過性の調節に関与するミネラルであるということです。

高カルシウム血症になると、多飲多尿、嗜眠(眠ってばかりいる)、虚弱、衰弱、食欲不振、嘔吐、下痢などが、低カルシウム血症になると、神経質(不安、落ち着きがない)、けいれん発作、筋肉の振戦、疼痛などの症状がみられます。

高カルシウム血症の主な原因は、脱水、一部の悪性腫瘍、一部の内分泌疾患、腎不全、ビタミンDの過剰症などがあります。低カルシウム血症の主な原因は、低アルブミン血症(低カルシウム血症の代表的な臨床症状は示さない)、上皮小体(血中のカルシウムやリンの代謝に関係する内分泌腺)が関連するものが多いですが、他に腎疾患、産褥テタニ―(主に出産後の母犬が食餌からのカルシウム不足や、乳汁にカルシウムをとられてしまうことによっておこる、あえぎ、けいれん、ふらつき、意識混濁などを示す命が危険である状態)、急性膵炎などがあります。

測定値は脱水、脂肪血、溶血のとき偽上昇がみられることがあります。

 

カルシウムとリンの関係

リンのところで述べたように、体の中ではカルシウムとリンとの比が犬ではCa:P=1:1~2:1、猫では1:1~3:1になるように調整されています。偏った食餌(ドッグフードの他に肉類を添加したものなど)はこのバランスが崩れ弊害をおこすことがあります。タンパク質にはリンが含まれているため、動物たちが日常的に摂取する食餌(ドライフード、ウエットフード、動物用のおやつ類、肉、魚、卵など)でリンが不足することはまずあり得ません。しかし、カルシウムは全ての食材に豊富に含まれているわけではなく、吸収も悪いため体に入ってくるカルシウムとリンのバランスには不均衡が生じやすいのです。栄養バランスを考慮されたドライフードやウエットフード(総合栄養食の標記のあるもの)はすでにカルシウム・リンバランスをととのえてあるものなので、過剰な肉類の添加やおやつ、ごほうびのあげすぎなどはリンのとりすぎにつながります(一日に必要なカロリーの1~2割程度であれば心配ないとはいわれています)。過剰に摂取した分のカルシウム・リンバランスの調整はホルモンの働きにより、骨からカルシウムを抜き出すことによって一定のバランスに整えられます。日々カルシウムを放出し続けた骨は弱く折れやすく骨折しても治りにくくなってしまいます。レントゲンでもスカスカの薄くて弱い骨に写ります(栄養性二次性上皮小体機能亢進症)。猫のウエットフードも、嗜好性重視のため、総合栄養食ではないものが多く販売されています。それらは必ずドライフードと混ぜて与えてください。栄養性二次性上皮小体機能亢進症は、犬よりも猫に多い病気です。ドックフードを主食としていない犬も注意してください。

 

CK、CPK(creatine phosphokinase:筋酵素、筋肉内酵素)

CKは骨格筋に一番多く、ついで心筋、脳、平滑筋に分布しています。CKは筋肉の障害があるときや全身衰弱のときに測定します。

筋肉の細胞膜を傷害する全ての状態で上昇しますが筋の障害の程度により、軽度(運動、拘束、筋肉注射など)、中等度(けいれん、外傷、神経障害)、重度(筋炎、猫の下部尿路閉塞など)のときCK値の上昇がみられます。

 

TCHO(total cholesterol:総コレステロール)

コレステロールは主に肝臓で合成され(残りは食餌から供給されます)過剰なコレステロールは胆汁中に排泄されます。コレステロールは体内で最も一般的なステロイドであり、各種ステロイドホルモンや胆汁酸の合成のもとになる物質です。ヒトと違い、犬や猫ではコレステロールによる血管硬化はほとんど見られません。

高コレステロール血症は、食後、内分泌疾患(糖尿病、甲状腺機能低下症、クッシング症候群)、ネフローゼ症候群、膵炎、胆道の閉塞性疾患で認められます。

低コレステロール血症は、タンパク漏出性腸炎、消化不良/吸収不良、肝障害(門脈シャント、肝硬変)などのとき認められます。

一部の薬物により血中濃度が影響されます(上昇するものも低下するものもあります)。黄疸、脂肪血では測定値は実際の測定値は実際の値より高くなります。

 

TG(triglyceride:トリグリセライド、トリグリセリド、中性脂肪)

TGは体の中で最も多く含まれる脂質でエネルギー源となります。TGは肝臓で合成されるものと食餌から摂取するものがあります。

食後の血液では高TG血症がみられることがありますが(食後12時間まで出現)、絶食時にみられる高TG血症は病的な所見であり、内分泌疾患(糖尿病、甲状腺機能低下症、副腎皮質機能亢進症)、急性膵炎、ネフローゼ症候群などを疑います。時に飢餓でも高TG血症がみられることがあります。高TG血症は血清や血しょうを白濁させます(乳び、高脂血症、脂肪血)。高TG血症は、くり返す腹痛、嘔吐、消化器症状、てんかん発作などがみられることがあります。重度の脂肪血はいろいろな血液生化学検査の測定値に影響を与えます。胆汁うっ滞などの肝障害で高ビリルビン血症のときはTG値が偽上昇を示します。

 

TBA(total bile acid:総胆汁酸)

胆汁酸は肝臓でつくられ、胆管を通り胆嚢にためられて腸管内に出て脂肪の消化吸収を助け、回腸でほとんどが再吸収されて肝臓に戻ります(腸肝循環)。肝臓に障害があると、胆汁酸が腸肝循環をはずれ、末梢血中に脱出してきます。

胆汁酸は、門脈シャント、肝硬変の末期で上昇します。胆汁は脂肪の消化に関係するので、検査をするときは、絶食12時間以上の空腹時と、食後(脂肪食)2時間のセットで測定して診断します(外注検査となります)。

 

Na(natrium:ナトリウム)

動物の体重の約60%は水で作られています。本来体内の水は、ホルモンや電解質による浸透圧調節により適正に保たれています。Naは主に細胞の外にある電解質ですが、Naの値がくずれるような原因があるといろいろな変調を示します。

Naの値が上昇する原因には、嘔吐、下痢、無飲症(渇感欠如)、充分に飲水ができなかった時の脱水(体内から自由水が過剰に失われたことによる脱水)、呼吸器からの蒸散(昏睡、高体温など)、腎臓や消化管からの水分喪失(腎臓:尿崩症、糖尿病、腸:浸透圧下剤)による脱水などがあります。

Na値が低下する原因には、下痢、嘔吐などの消化器症状、多尿、腎疾患による水分の再吸収障害(猫の慢性腎不全、老齢な猫など)、副腎皮質機能低下症、心不全、ネフローゼ症候群、糖尿病、肝硬変、交通事故などによる尿路破裂、膀胱破裂などがあります。

 

K(kalium:カリウム)

Naが主に細胞の外にある電解質であるのに対し、Kは細胞の中にある電解質です。Kも様々な原因によりバランスがくずれることでいろいろな症状(時に致死的)を示します。

高K血症を示すのは、脱水、乏尿性や無尿性の腎不全、尿路の断裂、尿道閉塞、副腎皮質機能低下症、筋肉の大きな損傷(交通事故など)、糖尿病性ケトアシドーシスなどです。著しい高K血症は心停止をひきおこします。致死的な高K血症は、副腎不全や腎不全に続発することが多いです。

低K血症となる原因は、主に嘔吐、下痢、腎臓からの喪失(猫の慢性腎不全など)、低体温、衰弱、薬物(インスリン、重炭酸塩など)、不適切な輸液療法などがあります。

 

Cl(chloride:クロール)

Clは細胞の外にある主要な電解質(Na、Kが陽イオンなのに対しClは陰イオンです)で、酸塩基平衡(血中のpHを適正に保つ)や浸透圧の維持に重要な役割をはたしています。

高Cl血症をおこす原因は、小腸性下痢、腎不全、脱水などです。

低Cl血症をおこす原因は、胃性嘔吐(胃液が出ることによるClの喪失)、副腎皮質機能低下症、利尿剤の使用などです。

 

 

 

参考文献

小動物の臨床病理学マニュアル(日本獣医臨床病理学会編  監修 小野憲一郎 髙橋英司:学窓社)

動物看護のための小動物臨床検査[上巻] 笠原和彦 監修 日本小動物獣医師会 動物看護士委員会:ファームプレス

勤務獣医師のための臨床テクニック~必ず身につけるべき基本手技30~ 監修 石田卓夫:チクサン出版社

尿検査

尿は腎臓でつくられて膀胱にためられ、尿道を通って排泄されます。必要十分な尿がつくられて適切に排泄されないと病気になってしまいます。(逆に、病気のために充分な尿をつくることができないケースもあります。)

人も犬も猫も赤ちゃんとして生まれてから亡くなるまで(ほぼ)毎日尿をつくって出し続けています。時にはおもらしをしたり、うれション、マーキング、スプレー行動、大切なものにわざとおしっこをかけたりと私達を困らせてしまうこともありますが、尿は体の状態を教えてくれる大切なものなのです。動物達も尿の排泄のしかたには個性(こだわり?)があり、上手にペットシーツにできる犬、どうしてもお散歩でないとしてくれない犬(台風でも、大雪でも、飼い主さんが体調不良でフラフラな時でも!)、トイレ砂にこだわりのある猫、1回でも排泄の跡があるとトイレで用をたしてくれない猫など様々です。

毎日何気なく接し、処理している尿ですが、尿はどのようにつくられ、どのような情報を私達に教えてくれるのか知っていますか?まず、少し難しいですが、尿はどのようにしてつくられるのかみてみましょう。

 

尿のつくられるまでと尿検査の意義

尿をつくる腎臓は、背中側に1対あるそら豆状の器官です。(腎臓の形は動物種によって異なりますが、人、犬、猫ではそら豆状です。)

腎臓はネフロン(腎単位)というものが集まって構成され、ネフロンは腎小体(毛細血管がくるくると球状のかたまりになっている糸球体と、それをとりかこむボーマン嚢)でできています。ボーマン嚢は、糸球体を通った血液から濾過されてしみ出した液体(原尿)を集める尿細管につながっています。尿細管は原尿から体に必要なものを再吸収し、不要なものを分泌しています。このようにして腎臓で血液からつくられた尿は腎臓と尿管をつなぐ腎盂に集まり、輸尿管を通って膀胱にためられ、尿道を通って体外に出されます。上記のように、腎臓には尿をつくり、体の中でつくられたいらないものを排泄する働きがありますが、もう少し詳しくいうと、腎臓は尿を生成することによって細胞外液(血液中の液体成分である血しょうや体を構成する細胞のまわりにある液体)の水分量や電解質、ミネラル、浸透圧、pHを一定に保ち、体にとって有用なものを再吸収することで体にとどめ(ブドウ糖、アミノ酸などは100%、他に必要な量の水や電解質を再吸収)、体にとっていらないもの(アンモニア、クレアチニン、パラアミノ馬尿酸などは100%、他にはほとんどの尿酸、尿素、硫酸塩など)を除去しています。これらの物質を再吸収するか除去していくかの作業は尿細管で行われています。

尿検査は上記のような腎臓、上部尿路(腎盂、尿管)、下部尿路(膀胱、尿道)の状態を知り、健康か?病気か?病気の場合どこのトラブルなのかを知る手がかりとなります。尿検査は(採尿にはちょっとしたテクニックと動物の個性との兼ね合いがありますが)動物に苦痛を与えることなく検体を採取することができます。(状況によってはカテーテルや膀胱穿刺が必要なこともあります。)また、尿検査は多くの情報を得ることができますが、尿検査だけで全ての健康状態を把握できるものではなく、診察(身体検査、問診、視診、聴診、触診など)、血液検査、レントゲン、超音波などの画像診断(時にはCT、MRIなど)の検査結果を総合して診断します。

 

尿検査はどのような時に必要でしょうか?

尿検査は主に排尿のトラブルのある時、例えば何回もトイレに行って排尿姿勢をとるが尿が出ない(出が悪い)、いつもはトイレを失敗しないのにあちこちで少量の尿をしてしまう、血尿がある、排尿した跡がキラキラしている、尿が濁っている、多飲多尿がある、またそれらの症状に加えて嘔吐があるなどのときに実施します。

犬、猫で多いのは細菌性もしくは非細菌性の膀胱炎や尿路閉塞などの下部尿路疾患です。膀胱炎になると膀胱に炎症がおきて少しずつつくられている尿に対して過敏になり、少量の尿を何度もあちこちでしたり、炎症産物や結晶、結石がつまって(栓子)尿が出なくなり、緊急事態になることも少なくありません。(特にオス猫は尿道が細く長いためリスクが高いです。)また、結石は尿道だけではなく膀胱内や腎臓にできてしまうこともあります。

尿路閉塞をそのままにしておくと、おなかが痛かったり苦しいだけでなく、排尿による老廃物の体外排泄ができないため尿毒症になったり、大きくなった膀胱が破裂するなど命取りになってしまうこともあります。このような時は排尿障害の他に嘔吐もともなってきます。上記のような場合は状況により自然排尿、圧迫排尿、尿道カテーテル、膀胱穿刺のいずれかの方法で尿をとり、尿検査を実施します。

正常な1日あたりの尿量は犬の場合体重1kgにつき20~40ml、猫の場合体重1kgにつき18~25mlといわれています。体重1kgにつき50ml以上の尿は多尿、7ml以下を乏尿(尿量の低下)、2ml以下もしくは尿の産生がないことを無尿といいます。(正確な尿量を調べるには「代謝ケージ」という特別な装置を必要とします。)また、犬の正常な飲水量は1日あたり体重1kgにつき50ml以下です。多飲多尿の原因としては投薬(利尿剤、副腎皮質ホルモン剤など)、高塩食、一部の抗生物質、腎疾患、上部尿路感染症、糖尿病、子宮蓄膿症、尿崩症(中枢性および腎性)、副腎皮質機能亢進症や低下症、肝機能不全、甲状腺機能亢進症、高カルシウム血症、低ナトリウム血症などがあります。また、尿検査の結果には、朝起きて一番の尿なのか、食前、食後、飲水、運動の後なのかによって数値に影響があるので、いつの尿を採取するのか指示に従うようにしてください。(特に犬では尿の比重は朝一番の尿でないと信頼するデータが得られません。)また、尿は時間の経過や光にあたること、温度などによっても数値や性状が変化しやすいものなので排尿後清潔な容器に採ってから30分以内のものを検査に使用することが望ましいです。

 

尿検査の評価

1.一般性状

尿の色調、混濁度、臭気、泡の有無などをみます。色調は淡黄色~黄色が正常ですが、異常があると様々な色調を示します。例えば赤い色の場合、尿路系の出血の時は遠心をすると赤血球などの血球成分は下に沈み、上清は淡黄色になりますが、ヘモグロビン尿やミオグロビン尿は遠心をしても細胞成分が分離せず、上清はやや茶色がかった赤のままです。混濁度は正常では透明ですが、濁ってくると細菌や細胞成分、結晶、分泌物(粘液、脂肪滴、精子など)を含みます。泡が顕著な尿はタンパク尿を疑います。臭気にも異常がないか確認します。

 

2.尿試験紙検査

・GLU(尿糖)

正常値…陰性

正常な尿は尿細管で糖を再吸収されるため、尿中には出てきません。尿糖がみられる時は尿細管の再吸収能力を超えるような持続的高血糖(糖尿病)や尿細管機能異常によるものが疑われます。このような時は血糖値の測定をし、血液検査でも高血糖(犬で180mg/dl以上、猫で280mg/dl以上)を示すのかを調べます。血糖値がそれより低い時は尿細管機能の異常を考えます。

 

・PRO(尿タンパク)

正常値…尿比重1.020以下の時は陰性。また犬、猫では比重が1.035以上の濃縮尿の時は反応が+(30mg/dl)であっても正常とします。

アルブミンより大きな分子のたんぱくは糸球体から濾過されず原尿中には出てきません。軽度の陽性では尿路系の炎症や出血によるものが疑われますが、重度の陽性は糸球体疾患を疑います。重度の尿タンパクが出現している時は、尿タンパク/尿クレアチニン比を測定して(検査センターへ外注)より詳しい検査が必要となり、あわせて腎臓についての精密検査を実施します。

 

・BIL(ビリルビン)

正常値…犬では尿比重1.020以上では+(0.5mg/dl)を示すことがありますが、猫では陰性尿中のビリルビンを検出します。ビリルビン尿は臨床的な黄疸に先立って認められます。猫で陽性、犬で有意な陽性が示された場合は肝胆道系疾患や溶血性疾患を考えます。

 

・URO(ウロビリノーゲン)

本来は胆道閉塞の指標として用いられる検査ですが、犬、猫では充分な信頼性のあるデータが得られないので評価しません。

 

・pH正常値…5.5~7.0

犬、猫などの肉食動物(犬は肉食に寄った雑食動物、猫は完全な肉食動物)の尿は酸性を示します。(草食動物はアルカリ性の尿を排泄します。)尿pHは食餌の内容や採食の状況(食前か食後か)、膀胱内の細菌の増殖、体の酸-塩基のバランス、尿細管機能によって変化します。体の酸-塩基のバランスは血液検査もあわせて評価しますが、下部尿路疾患の時はアルカリ尿が問題となり、結晶(特にストラバイト結晶)や結石のリスク、膀胱内の細菌増殖が考えられます。

 

・S.G.(尿比重)正常値…犬1.015~1.045 猫1.035~1.060

尿比重は水を1とした時の尿の重さの比を表します。わかりやすくいうと尿の濃さを表すものです。上に犬、猫の尿比重を記しましたが、健康な動物ではたいてい1.030以上となります。

尿比重が1.008~1.012の尿(臨床的には犬1.012~1.030、猫1.012~1.035)は「等張尿」といい、尿の濃縮が行われていない(薄い尿)状態を示します。腎機能の低下(慢性腎不全)の時などにみられます。血液検査ではBUNやクレアチニンの上昇がみられるようになりますが、尿比重の低下のほうが早く始まります。臨床的には多尿となります。(脱水の時は血液中のBUNの上昇が認められても尿比重は高い値を示し、尿の濃縮が認められます。)また、尿比重がもっと低く、1.008未満の時は「低張尿」や「希釈尿」とよばれ尿崩症などの時にみられます。また、正常値を上まわる濃い尿は「高張尿」とよばれ、脱水や尿石症のリスクがあります。犬で1.050以上、猫で1.060以上は著しい脱水を示唆し、危険な状態です。

 

・BLD(尿潜血)正常値…陰性

尿中のヘモグロビン(赤血球に含まれる、酸素と結合して全身に酸素を運ぶ働きをするタンパク質)を検出します。陽性の場合、血尿(遠心をすると赤血球などが沈み、上清が淡黄色となる)か、ヘモグロビン尿(遠心しても色が変わらない)のか鑑別をします。血尿の場合は尿路系の出血を示し、ヘモグロビン尿の場合は血管内溶血性疾患を考えます。また、試験紙はミオグロビンにも反応を示しますが血液を遠心した時の血しょうは赤い色を示しません。ミオグロビン尿は重度の筋肉損傷を示します。

 

・KET(ケトン体)正常…陰性

ブドウ糖が足りなくなってしまった(枯渇した)状態で脂肪酸が燃焼されると燃えカスとして肝臓でケトン体ができます。尿中ケトン体が陽性の場合ケトーシス(体内のケトン体が異常増殖してしまう状態)を示します。飢餓や糖尿病のときに検出されます。特に糖尿病で尿糖とともにケトン体が検出される時は、糖尿病性ケトアシドーシスという極めて重篤な状態を示します。

 

・NIT(尿硝酸塩)

尿中の細菌の増殖を示すもので、人では重要ですが犬、猫では信頼のおけるデータが得られないので評価しません。

 

・LEU(尿白血球) 正常…陰性

尿中の白血球数をみますが、犬、猫では尿沈渣の鏡検のほうが正確です。白血球の増加(膿尿)の原因は包皮や膣の分泌物による汚染、尿路感染、無菌性膀胱炎、腫瘍、結石、糸球体腎炎(まれ)、発熱などです。

 

3.尿沈渣

尿に混入している不溶性の成分(溶けこんでいないもの)を遠心分離して沈めたものを尿沈渣といいます。健康な動物の尿では沈渣はほとんど認められません。尿沈渣は顕微鏡で検査をします。

 

赤血球

尿路系の出血があることを示します。正常の尿では顕微鏡で400倍に拡大した1視野(HPF)に5個以内であり、それ以上の場合出血と判断します。(出血後時間が経過し、赤血球が壊れて細胞の中身が溶けだして赤血球の輪郭だけ確認できるものも「赤血球ゴースト」として赤血球に数えます。

血尿は、下部尿路疾患、無菌性膀胱炎、前立腺疾患、外傷(外因性、手術、結石)、腫瘍、レプトスピラ症、尿路寄生虫、糸球体腎炎、血小板減少症などでみられます。腎出血がある時は赤血球円柱が出現します。

 

白血球

顕微鏡で400倍に拡大した1視野(HPF)に5個以上で「炎症がある」と判断します。主に認められる白血球は好中球です。自然排尿の場合、外陰部や包皮の炎症に由来する白血球が混ざることもあるので、他の所見と総合して診断します。(カテーテル採尿することもあります。)白血球と上皮細胞の鑑別のため必要に応じて染色して観察することもあります。

 

上皮細胞

沈渣には扁平上皮細胞(大型の角ばった細胞。主に生殖路由来)、移行上皮細胞(腎盂、尿管、膀胱、尿道由来の細胞。正常でも尿に少数認められます。炎症や腫瘍で多数が尿中に剥離して出てきます。)、腎尿細管上皮細胞(腎尿細管由来、正常でも少数あり)などが出現します。上皮細胞は組織損傷、過形成、剥離に関連して認められますが、評価はその他の検査結果と総合して判断します。

慢性膀胱炎では、膀胱粘膜の表面を覆う移行上皮の過形成が生じ、剥離する移行上皮が増加します。炎症細胞とともに多数の扁平上皮細胞が認められる時は、膀胱粘膜の慢性刺激(膀胱結石)や前立腺炎が疑われます。異常な上皮細胞の集塊や多数の上皮細胞が認められる時は腫瘍との鑑別のために染色をして観察します。高齢で慢性の血尿があり、多数の移行上皮がみられ炎症細胞がほとんど認められない時は膀胱癌(移行上皮癌)可能性も含めて検討します。

 

結晶

膀胱炎、膀胱結石などの膀胱内環境の悪化、食餌性、代謝異常、尿の濃縮などによって膀胱内に様々な結晶が析出してきます。また、結晶ができることによって膀胱炎がおきてしまうことがあります。膀胱内に結晶があることがすぐに結石につながるというわけではありませんが体の中でその成分が飽和状態になっているということは間違いないので、必要に応じてレントゲン検査も実施し膀胱内、尿道内、腎臓などに結石があるのか、もしその結石を摘出した場合はその結石の成分は何かなどを調べます。結石は無症状のまま形成され、他のことでレントゲンを撮った時に偶然見つかることもあります。また、結石は膀胱炎がきっかけになる以外に体質や食習慣で形成されていくことも多いので原因を改善していかないかぎり摘出しても再形成されてしまう可能性が高いです。(結石の種類によっては療法食を与えることで溶かしてしまえるものもありますが全ての結石が食餌療法で溶かせるというわけではなく、療法食を与えるためには持病、期間など様々な注意事項があるので綿密な治療計画にのっとって食餌療法を進めていく必要があります。)犬、猫にみられる尿中の結晶はいろいろなものがありますが特に重要なものは下記の結晶です。

 

リン酸アンモニウムマグネシウム(ストラバイト)

最も多くみられる結晶で、アルカリ尿で認められます。主な原因は食餌性、細菌感染です。プリズム形や封筒状で大きさはいろいろです。膀胱炎により膀胱内環境が悪化したことに続発して出てくることもあります。ストラバイト結晶は療法食で溶かすことができます。(ストラバイト100%の膀胱結石も療法食で溶かすことができます。)

 

シュウ酸カルシウム(1水和物)

酸性尿で認められることの多い結晶です。主な原因は食餌性、体質性です。無色で正八面体の結晶であり、膀胱炎は結晶の形成には関与していません。療法食により結晶が作られないようにコントロールしますが溶かすことはできません。(シュウ酸カルシウムの結石も療法食で溶解させることはできません。)

 

シュウ酸カルシウム(2水和物)

高シュウ酸、高カルシウム尿で形成される結晶です。食餌の影響が大きいです。ビスケット状またはダンベル状をした結晶です。1水和物と同様、膀胱炎は関与せず、療法食によりコントロールします。この結晶、結石も療法食で溶解させることはできません。

上記のようにシュウ酸カルシウム結晶、結石は食べ物の影響をとても強く受けます。どのような食生活がシュウ酸カルシウムの結晶、結石をつくらせるのでしょうか?

良質なドッグフード、キャットフードだけでも体質でシュウ酸カルシウム結晶ができてしまうこともあります。そのような犬、猫たちは専用の療法食と水のみでコントロールしていくしかありません。ところが、食餌性の原因は身近にあり、気をつければ予防できるものもあります。

野菜、果物、さつまいもなどが大好きな犬はたくさんいます。“味付けしていないから”、“ほんの少しなら”、“ついかわいくて”、“どうしても欲しがるから”、“ドッグフードだけでは食べてくれないので”、“毎日のご飯だから安全なものを選んで愛情込めて手作りしてあげたい”など様々な理由があると思います。ただし知っておいてもらいたいのは、それらの野菜、果物などには多くのシュウ酸を含んでいるものがあります。犬、猫は人と異なり自分の体でビタミンC(アスコルビン酸)を合成することができます。人のように食べ物から摂取する必要はありません。またビタミンCはシュウ酸の前駆物質(体の中でシュウ酸に変わっていく物質)なので過剰な摂取は高シュウ酸尿の原因になってしまいます。(どの程度が過剰なのかは個体差があります。)

また、同様にして犬で「肉」を食餌に加えているケースもよくみられますが大量のタンパク質(特に肉類)の摂取は注意が必要です。体の中のカルシウムとリンのバランスは何を食べようと犬でカルシウム:リン=1~2:1、猫でカルシウム:リン=1~3:1になるように保たれています。肉には大量のリンが含まれていますがカルシウムはほとんど含まれていません。(自然界の肉食動物は「お肉」つまり「筋肉だけ」を食べているのではないので食餌に肉を加えることは栄養的にも異なります。食餌から大量のリンを摂取すると、体はその量に合わせて自分の骨からカルシウムを抜き出し、その結果尿中のカルシウム濃度も上昇しシュウ酸カルシウム尿石症のリスクが高まります。カルシウムの添加ももちろん高カルシウム尿をひきおこします。

栄養バランスの考慮された(総合栄養食)のフードは(ドライでもウエットでも)カルシウム・リンバランスは調整されています。また、猫の嗜好性を重視したウエットフードの中には総合栄養食ではないものも多く販売されています。良質のドライフードとあわせて嗜好性をアップさせるために加える程度とするか総合栄養食のものを選んで与えるのが良いと思います。人間の食べ物の取り分けや市販の犬猫用のおやつやチーズ、ハム、煮干し、鰹節、カニかまなどに含まれる塩分(ナトリウム)も高カルシウム尿を引き起こします。

どうしてもドッグフード、キャットフードを食べてくれない、トッピングなしでは食べてくれない食習慣が身についてしまっているなど、理想はわかっていても現実はなかなか難しいのはよくわかります。でも、過剰な肉類(高タンパク)、野菜、果物、サツマイモ(ビタミン過剰)、人間の食べ物や市販の犬猫用のおやつからの塩分(高ナトリウム)の取りすぎには注意してください。シュウ酸カルシウムの結晶、結石は療法食では溶かせない、シュウ酸カルシウム結石は手術で摘出するしかない、腎結石の原因にもなる、食餌が変わらない限りつくられ続けるということは頭の隅においといてください。

 

尿酸アンモニウム結晶

酸性尿で形成される褐色で球形をした結晶(新鮮なものでは多数の棘を持っています。)。高アンモニア血症をおこす病気があると出現してきます。ダルメシアンでは家族性に体質を持っているものもいます。食餌療法が必要となります。尿酸アンモニウムの結石はレントゲンにはうつりません。

 

無晶性リン酸塩(無色)、無晶性尿酸塩(黄色~レンガ色)

結晶の形をとらない結晶のできそこない。正常でもみられますが、続く場合は要注意です。それぞれがくっついていくと一定の形をとってきます。無晶性リン酸塩(リン酸カルシウム、リン酸水素カルシウム)はアルカリ尿のときに出現しやすいです。

 

尿円柱

尿円柱は主に尿細管で形成されます。尿細管から分泌されるムコタンパクと血しょう成分、あるいは細胞が寒天状に濃縮されてできる細長い円柱状の構造物です。尿沈渣に含まれるジェリービーンズ状で長さが幅の3倍以上で長軸が平行のものをいいます。腎不全では糸球体から濾過された尿の流れが悪くなるので多く出てきます。

尿円柱は基質円柱と細胞円柱に分けられます。顕微鏡で100倍に拡大した1視野(LPF)にいくつみられるかで評価します。(100倍(LPF)で1つ程度なら問題なし、400倍(HPF)で複数みられるなら重症)

 

基質円柱

正常で少数みられることがあるが多数みられる場合は異常。ヘモジデリン円柱は1つでも異常

硝子円柱…ムコタンパクのみで形成(少数であれば異常なし)

顆粒円柱…尿細管上皮の変性したもの。腎不全で多くみられますが正常でもごく少数認められます。)

蝋様円柱…長期の尿細管閉塞で認められます。多数出現している場合は慢性腎疾患の可能性が考えられます。

脂肪円柱…脂肪滴を含む硝子円柱。脂肪変性した尿細管上皮由来。猫では正常でも尿細管上皮に脂肪を含むため、犬よりも出現頻度が高いです。少量であれば問題となりません。

ヘモジデリン円柱…溶血性疾患や尿細管での出血を示唆します。1つでも認められれば異常です。

 

細胞円柱

赤血球、白血球、尿細管上皮が封入された円柱。尿細管レベルの出血、炎症、壊死が推測されます。円柱内に細胞成分が3つ以上含まれている時に細胞円柱とします。正常な動物では出現しないので少数でも存在する時は異常所見(臨床的意義が高い)です。

赤血球円柱

白血球円柱

上皮円柱

 

細菌

尿中に含まれる細菌。顕微鏡で球菌か桿菌かを鑑別し、量的な評価(少数、中等度、多数)をします。無晶性の塩類との鑑別が難しい時は染色をすることもあります。1種類の菌がみられる時は膀胱炎を、白血球が認められず、複数種類の菌がみられる時は他からの雑菌の混入を疑います。(時間の経ったサンプルは細菌が増殖していることがあります。)

 

真菌

主にカンジタが検出されます。免疫不全動物(糖尿病、クッシング、免疫抑制剤の投与)などのとき認められることがあります。

 

【参考文献】

as Books 犬と猫の臨床マスターブック -検査の意義とテクニックのポイント- 石岡克己:インターズー

勤務獣医師のための臨床テクニック ~必ず身につけるべき基本手技30~ 石田卓夫:チクサン出版社

小動物の臨床病理学マニュアル 日本獣医臨床病理学会編小野憲一郎、髙橋栄司 :学窓社

マダニについて

「寄生虫」というとどのようなものを思い浮かべますか?

誰もが知っている寄生虫というと、(おなかに寄生虫を持った)猫が砂場に糞をすることで子供たちへの感染が心配される「回虫」、イカやサバ、サンマなどの生食で時々問題になる「アニサキス」、北海道のキタキツネたちが(犬もですよ!)感染に関わり、人に肝臓癌と間違われるような病気を起こす「エキノコックス」、ヒモのように長い虫体が節々に分かれ、片節ごとにちぎれてモゾモゾ動く「サナダムシ」の仲間が有名でしょうか。あとは、犬を飼っている人達には忘れてはならない、蚊が感染に関与し、心臓に虫が寄生して大切な愛犬の命を脅かす「フィラリア(犬糸状虫)」などもあります。ちなみに、フィラリアは猫、フェレットなどにも感染します。

今あげた寄生虫たちは(上記以外にも多くの予防・駆除すべき寄生虫はいっぱいいますが)、全て体の内部に寄生する『内部寄生虫』というグループです。それに対して、体表に寄生する虫を『外部寄生虫』といい、ノミ、マダニ、シラミ、ハジラミ、疥癬(かいせん)、アカラス(毛包虫、ニキビダニともよばれます)、ツツガムシなどがそのグループになります。

最近、ニュースでマダニにかまれることが原因で感染するとみられる「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」による人の死亡例が報じられ、問題となっています。2017年の7月には野良猫に咬まれた女性がSFTSに感染し、死亡したというショッキングなニュースもありました。さらに、10月には犬から人に感染した事例が報道されました。それにより2017年10月現在、哺乳類を介した人へのSFTS感染の報告は2例目となりました。直接マダニにかまれるだけでなく、犬や猫の血液や便を通じて感染する恐れがあるとして、粘膜からの感染の可能性も疑われています。まだSFTSについてはわからない部分も多いので今後も最新情報には注意が必要です。今の時点で言えることは、人も犬も猫も、命を守るためにはしっかりとマダニへの対策をたて、予防できるものは予防したほうがよい、ということでしょうか。

SFTSウイルスは、今のところワクチンや特効薬もなく、マダニの恐怖があらためて人々のあいだに広まっています。しかし、このSFTSウイルスは新たに注目されはじめたものですが、以前からマダニが関係する病気は人畜共通感染症でも複数知られていました(日本紅斑熱、Q熱、ライム病、バベシア症、野兎病(やとびょう)、ダニ媒介性脳炎など)。犬や猫でも、犬バベシア症や猫ヘモバルトネラ症などは、マダニが関係する命を脅かす重要な病気です。

マダニにもいろいろな種類がありますが、ここでは私たちが公園や河原、道端、キャンプなどで出会う可能性の高い種類について説明します。(ちなみに、アレルギーの時によく問題になるハウスダストマイト(イエダニ)は、マダニとは違うグループで、吸血はしません。)

マダニは、卵→幼ダニ(1mmくらい)→若ダニ(1.6mmくらい)→成ダニ(3~4mmくらい)という発育をし、幼ダニは足が6本、若ダニ、成ダニは足が8本、つまり、昆虫ではありません。

マダニは草むらの中に潜み、人や動物の体温、振動、二酸化炭素などを感知して草の先から飛び移り、吸血をします。そして、各ステージともおなかいっぱい吸血したら宿主の体からポロリと地面に落ち、脱皮をして次のステージになり、また草の先で新たな吸血相手を狙っています。寄生部位としてよく見つかるのは、指の間、わきの下、首、おなか、耳、目の周りなどの毛の薄い部位です。大量寄生の場合は所かまわずです。

幼ダニ、若ダニ、未吸血の成ダニはとても小さいので、見つけるのは難しいのですが、おなかいっぱい血を吸った飽血成ダニは7~8mm以上になり、イボや赤黒い豆のように体にはりついているので、見つかりやすくなります。そして、おなかいっぱいになると動物の体の上で交尾し、ポロリと地面に落ちて卵を産みます。マダニの吸血は、ハサミ状の口でかみついて皮膚を切り裂き、ギザギザの返しのたくさん付いた口器を動物の体内にさしこみ、周りをセメント状の物質で固め、始めはゆっくりと、そして2日程すると急速にたくさんの血を1~2週間以上かけて吸い上げます。その間、動物に気付かれないように、痛みを感じさせない物質の含まれた唾液を動物の体内に送り込みます。種々の病気は、ダニが急速に血を吸い上げる時に感染が成立します。

マダニを見つけたら、速やかに排除したいのですが、上記のようにがっちりと口器を差し込んで固定しているので、虫をひっぱってとるだけでは口器がちぎれて動物の体に残り、皮膚炎や化膿を引き起こすことがあります。マダニをみつけたら、無理をして取ろうとせず、動物病院を受診して下さい。

マダニは動物の体と環境を行ったり来たりするので、完璧に寄せ付けないのはとても難しいことです。まずは、マダニのいそうな場所に近づかないこと。散歩後に丁寧にブラッシングすること。それに加えて、マダニを駆除する動物用医薬品を使用するのも有効でしょう。

マダニの駆除薬は、背中に滴下するもの、飲ませるもの、首輪などがあります。残念ながら今のところ、1剤だけで100%マダニを寄せ付けない薬はありません。滴下剤もマダニが吸血し始めのゆっくりと血を吸っているときに、薬がマダニの体内に取り込まれ殺すものです。薬だけでなく飼主さんの動物の観察も大切です。

これからマダニの活動が活発になる春から秋に、マダニがたっぷりと血を吸って、まるまると太り、動物に病気をうつす前に駆除してしまいましょう。そのためには定期的な予防を行うことが重要です。

1 2 3 4 5